求人を上手く利用|ジョブチェンジ!これで勝てる!

求人サイトを上手く活用しライバルに差をつける

何度も研修を受けることで

コールセンターの仕事には2つのタイプがある

コールセンターでは、二つの業務が存在し、それぞれアウトバンド、インバンドと呼ばれています。アウトバンドといえば、こちらからお客さんの自宅に電話をして、セールスなどをするのが目的となります。もちろん、かけてもガチャンと電話を切られてしまうことも多いです。 それに対してインバウンドは、お客様相談センターのように、お客さんからかかってきた電話を受けて、質問に答えたりする業務になります。常に受け身ですから、ノルマを果たすといった負担もなく、楽しく仕事ができることもあります。 もし、あなたがコールセンターで仕事をするつもりなら、まず自分がアウトバンドとインバウンドのどちらが向いているのかについて注意しておきましょう。

トークスキルをアップさせようとする会社も多い

コールセンターで電話業務を行うオペレーターは、企業の即戦力にもなります。ですから、コールセンターでの仕事は、わりと時給も高くて1000円以上の時給になっていることも多いです。特に、会社の商品を売り込むために、アウトバンド業務をするオペレーターを募集している会社も多くあります。 しかし、アウトバンドを行ってお客さんに商品を売り込むには、優れたセールストークが必要です。そのため、会社側はオペレーターに何度も研修を受けさせてトークスキルをアップさせようとします。 コールセンターの仕事は、特に女性に人気があります。座ったまま電話を受けたり、発信したりする仕事ですから、話すことが得意な人には向いているでしょう。ですから、コールセンターで仕事をしたいと考える女性はわりと多いのです。

Copyright© 2015 求人を上手く利用|ジョブチェンジ!これで勝てる!All Rights Reserved.