求人を上手く利用|ジョブチェンジ!これで勝てる!

求人サイトを上手く活用しライバルに差をつける

きっかけになること

障害者求職登録をすると、専用の雇用枠を確保できます

様々な症状のレベルに応じて、障害を持つ方にとっての社会生活が営めるか否かなどが変わってくるのです。 このうち、重度の障害を持っており、一般の雇用枠での採用が厳しくなってしまった場合でも 働ける機会を得るためのサービスが提供されています。 障害者専用の雇用枠による就職にはメリットがあります。 一般に、社会生活で負い目となる障害を持っていた場合、差別的な態度など、 人間関係上の問題にも発展することがあります。 しかし、専用枠では、すでに自分が障害者であることを前提に就職できます。 ゆえに障害による精神的な気負いをせず、積極的な態度で就業に臨めます。 ハローワークにて、障害者求職登録を行うことでこうしたサービスを利用できます。

障害を隠さず、オープンな気持ちで再就職する道も少なくはないのです

前述のとおり、障害者であることを明かした上での就活は、障害者である自分の個性を存分に発揮でき、 適切な配役を与えられることで精神的な負い目さえも克服できるとてもよいきっかけになります。 しかし、このような雇用枠が少ないのではないか、という見解や、 本来健康だった人が障害を持ってしまって一度退職をしたら二度と再就職できないのではないか、 という、障害者向けの求人において悲観的な考え方をする人の方が多いのが現状です。 先ほどは、障害者向けの求人としてハローワークでの登録を例示しました。 これ以外にも、インターネットサービスによって正式に障害者登録がされていない人でも (例えば、うつ状態であってうつ病ではないような曖昧なケース)、 そうした方向けの求人を紹介してもらうこともできます。 こうした取り組みはむしろ活発化しており、求人応募に積極的な企業は決して少なくありません。 自分が障害者だからといって、自分が障害を持ってしまったからといって これからの就業に悲観的になる必要はないのです。

Copyright© 2015 求人を上手く利用|ジョブチェンジ!これで勝てる!All Rights Reserved.